スポンサード リンク

送別会の挨拶>幹事の挨拶例

送別会の挨拶>幹事の挨拶例

送別会の挨拶として次に幹事の挨拶例を紹介したいと思います。

退社や異動などに伴って開かれる特別な送別会という飲み会は「その席上でのみ」対象となる本人の実力以上に力量を褒めたたえるのが礼儀とされています。

【転勤・移動の場合】
1.まず、送別会を始める事の挨拶。
例文:ただいまから○○へ(転勤・移動)されます○○さんの送別会を行います。

2.送別会に主席者へのお礼を述べる。
例文:ご出席いただいた皆さん、○○さんの送別会にお集まりいただきありがとうございます。

3.簡単に今後の事に触れて、対象の人を気遣い自分の挨拶も含める。
例文:○○さんから新しい職場のことは後で述べられると思いますが、今の職場同様に活躍されことは間違いありません。
どうか健康には十分気をつけといただき、新しい職場でご活躍下さるようお祈りいたします。

4.対象の人の挨拶へとバトンする挨拶をして交代する。
例文:短い時間ではありますが、時間の許す限り残る我々と語り合って下さい。
では今日の主賓であります○○さんからご挨拶をいただきます。

【退職の場合】
1.まず、送別会を始める事の挨拶。
例文:ただいまから退職(定年・中途)されます○○さんの送別会を行います。

2.送別会に主席者へのお礼を述べる。
例文:ご出席いただいた皆さん、○○さんの送別会にお集まりいただきありがとうございます。

3.簡単に今後の事に触れてお礼を述べ、対象の人を気遣い自分の挨拶も含める。
例文:○○さんは勤続○○年の間、会社への貢献、功績は言うまでもなく、親切に、また厳しく我々後輩、部下を指導して下さいました、心から御礼申し上げます。
退社なさいますことは名残惜しく存じます。

4.対象の人の挨拶へとバトンする挨拶をして交代する。
例文:今後もどうか健康に十分気をつけられて、ご活躍いただきますようお祈りいたします。
短い時間ではありますが、時間の許す限り残る我々と語り合って頂きたく存じます。
では新しい人生の出発を記念して、○○さんからご挨拶をいただきます。

soubecom at 21:44 この記事をクリップ!
送別会の挨拶