スポンサード リンク

送別会の挨拶>退職(定年退職)の本人の挨拶例

送別会の挨拶>退職(定年退職)の本人の挨拶例

送別会の挨拶ということで、退職(定年退職)の際の本人の送別会での挨拶の例文を紹介いたします。

まず送別会での本人の挨拶は次のような順序で行ないます。

1.まず、送別会を開いてくれた事へのお礼。
例文:本日は私○○のためにこのような送別会を開いていただきありがとうございます。

2.次に自分が何月何日で定職した(する)ことを伝えます。
例文:この度、○月○日をもちまして、○○社を退職いたしました(いたします)。

3.在職した年数とその間にあった心に残っている事などを話します。
例文:顧みますと○○年の長きにわたりお世話になってきました〜〜心に残っている事などの話〜〜

4.退職に際しての在職中にお世話になった事へのお礼。
例文:公私共に絶大なるご指導とご鞭撻により大過なくすごす事ができましたことは忘れられない思い出です、ありがとうございました。

5.退職後の事を言える範囲で簡単に話します。
例文:退職後は〜言える範囲で簡潔に〜

6.送別会開催へのお礼をもう一度して挨拶を終わります。
例文:最後に、このような会を開いていただいた事のお礼と挨拶に代えさせていただきます。

退職また定年退職の場合も基本的に送別会での挨拶はそう変わりません。
上記はかなり堅い言い回しですので、仲間内での送別会の場合は、もっと簡単な言い回しの挨拶でもかまいません。

上司なども出席されているような送別会の場合は、上記のような言い方を基本として自分なりの内容を盛り込んだ挨拶を行ないましょう。

また、転勤などの場合も基本的には同じような順序で内容を言い換えればよいでしょう。





soubecom at 05:11 この記事をクリップ!
送別会の挨拶