スポンサード リンク

送別会講座

送別会の司会>司会者の挨拶例

送別会の司会について、挨拶を例文と進行例と共に紹介します。

送別会の司会は幹事が行なう事が多いのですが、今回は司会は別として紹介します。
しかし、幹事が司会を兼務する場合でも、次の例の司会と幹事部分を合わせれば良いでしょう。

【送別会の司会者の挨拶と進行】
1.まず、送別会を始める事の挨拶をして幹事の挨拶をしてもらいます。
例文:ただいまより、○○さんの送別会を開会いたします。
今回の送別会の司会をさせていただきます○○と申します、最後まで宜しくお願いいたします。
では、まず最初に今回の送別会の幹事の△△から挨拶をお願いします。

2.幹事が挨拶を行ないます。

3.次に送られる本人の○○さんに挨拶をしてもらいます。
例文:ありがとうございました、それでは本日の主役である、○○さんより皆さんへの挨拶をしていただきます。

4.送られる本人挨拶がここに入ります。

5.上司に簡単な挨拶と乾杯の音頭をしてもらいましょう。
例文:お話ありがとうございました、それでは乾杯を、□□(役職)にお願いいたします。

6.上司の挨拶と乾杯と音頭がここに入ります。

7.イベントやプレゼントがある場合はここでその紹介をします。
(時間を見計らい、開始してもらいましょう。)

8.閉会の打ち合わせた時間になったら、閉会する事を告げて幹事に終わりの挨拶を幹事にしてもらいます。
例文:会話の方もたいへん弾んでいますが、閉会の時間が近づいてまいりました、それでは、幹事よりこの後の予定などを説明させていただきます。

9.幹事に、閉会の挨拶や、閉会後の説明などをしてもらいます。

10.閉会を告げましょう。
例文:それではこれで、○○さんの送別会を閉会させていただきます、ありがとうございました。

-ポイント-
【事前に幹事とスケジュールを打ち合わせ】
【送別会中も場を見計らって、相談】

前回より今回は送別会の司会について、少し詳しく例文なども紹介しました。

soubecom at 15:33 この記事をクリップ!
送別会の司会 

送別会講座

送別会の司会>司会の流れ

送別会の司会について、どのような流れで送別会を進めていくかご紹介します。

大抵の場合、送別会の司会者は幹事が行なう事が多いのですが、規模が大きい場合などは、幹事とは別に司会者を決めておきましょう。

幹事が司会者である場合
1.まず、送別会を始める事の挨拶。

2.幹事からあいさつということで、送別会に出席者へのお礼と対象の人を気遣い、送別される人を軽く紹介するなどして自分の挨拶も含める。

3&4.
■送別される本人に挨拶をしてもらう。→上司に乾杯の音頭をとってもらう。
■上司の挨拶&乾杯の音頭をとってもらう。(送別される本人の挨拶は最後にする場合)

5.何か趣向を用意している場合は、歓談がすすんでひと段落して時間を見計らって、始めることを告げて開始してもらう。

6.閉会の時間を見計らい、送別される本人の挨拶を「3」でしない場合はここでしてもらう。

■プレゼントがある場合はここでプレゼント贈呈を入れましょう。

7.送別会閉会の挨拶をしてお開き。(閉会後の説明含む)

※上司の挨拶を乾杯時に入れてもいいし、最後や送別される人の前に入れてもOK。

幹事と司会者がべつの場合
送別会の幹事が司会者とは違う場合は、最初に送別会を始める挨拶を司会者がした「1」のあとに持ってきます。
また、司会者の送別会の閉会の挨拶「7}の前に幹事に、閉会の挨拶や、閉会後の説明などをしてもらいます。


-ポイント-
「開会挨拶→当人&上司挨拶へ→趣向→閉会挨拶」
簡単ですが、主にこのような司会の流れです。
そう難しく考えずに、事前にスケジュールを組んでおけば大丈夫です。
また、司会者と幹事が違う場合は、打ち合わせをしておき、送別会中も場を見計らって、相談しながら進めていけば、ハプニングがあっても上手く進みます。
重要
主役は送られる人ということをお忘れなく。



送別会講座

送別会の挨拶>転勤(異動)の本人の挨拶例

送別会の挨拶ということで、転勤(移動)の際の本人の送別会での挨拶の例文を紹介いたします。
転勤と異動とでは多少違いますが、殆ど同じような感じでよいでしょう。
退職ではないので、今後の付き合いのことも盛り込んで挨拶するのがコツです。

送別会での本人の挨拶は次のような順序で行ないます。

1.まず、送別会を開いてくれた事へのお礼。
例文:本日は、お忙しい時期にもかかわらず、私のためにこのように盛大な送別会を開いて下さいまして、厚く御礼申し上げます。

2.次に自分が何月何日で異動した(する)ことを伝えます。
例文:この度、○月○日付けで、○○へ異動いたしました(いたします)。

3.在職した年数とお世話になった事へのお礼。
例文:この○年間、なんとかやってこられたのは、ひとえに○○(上司)はじめ皆様のご協力の賜物と深く感謝いたしております。

4.異動先の事を言える範囲で簡単に話します。
異動先では新しい気構えで、職務を全うする覚悟であります。
それにより、これまでの皆様の支えの少しでも報いることができればと存じます。
異動先では皆様からいただきました貴重なご教訓を支えにして、新しい生活を進めていくつもりでございます。

5.今後の付き合いのお願いを述べます。
例文:部署(支社)は変わりますが同じ会社の中ですから何かとお世話になることもあると思います。
どうぞこれまでと同様に、機会あるごとにお付き合いを賜りたくお願い申し上げます。

6.送別会開催へのお礼をもう一度して挨拶を終わります。
例文:最後に、皆様のご健康をお祈りいたしまして、簡単ながら、御礼のあいさつといたします。
長い間、本当にありがとうございました。

以上が、基本で、上司のいない仲間内などの場合はもう少しラフな感じでも良いですね。



soubecom at 12:10 この記事をクリップ!
送別会の挨拶 

送別会講座

送別会の挨拶>幹事の挨拶例

送別会の挨拶として次に幹事の挨拶例を紹介したいと思います。

退社や異動などに伴って開かれる特別な送別会という飲み会は「その席上でのみ」対象となる本人の実力以上に力量を褒めたたえるのが礼儀とされています。

【転勤・移動の場合】
1.まず、送別会を始める事の挨拶。
例文:ただいまから○○へ(転勤・移動)されます○○さんの送別会を行います。

2.送別会に主席者へのお礼を述べる。
例文:ご出席いただいた皆さん、○○さんの送別会にお集まりいただきありがとうございます。

3.簡単に今後の事に触れて、対象の人を気遣い自分の挨拶も含める。
例文:○○さんから新しい職場のことは後で述べられると思いますが、今の職場同様に活躍されことは間違いありません。
どうか健康には十分気をつけといただき、新しい職場でご活躍下さるようお祈りいたします。

4.対象の人の挨拶へとバトンする挨拶をして交代する。
例文:短い時間ではありますが、時間の許す限り残る我々と語り合って下さい。
では今日の主賓であります○○さんからご挨拶をいただきます。

【退職の場合】
1.まず、送別会を始める事の挨拶。
例文:ただいまから退職(定年・中途)されます○○さんの送別会を行います。

2.送別会に主席者へのお礼を述べる。
例文:ご出席いただいた皆さん、○○さんの送別会にお集まりいただきありがとうございます。

3.簡単に今後の事に触れてお礼を述べ、対象の人を気遣い自分の挨拶も含める。
例文:○○さんは勤続○○年の間、会社への貢献、功績は言うまでもなく、親切に、また厳しく我々後輩、部下を指導して下さいました、心から御礼申し上げます。
退社なさいますことは名残惜しく存じます。

4.対象の人の挨拶へとバトンする挨拶をして交代する。
例文:今後もどうか健康に十分気をつけられて、ご活躍いただきますようお祈りいたします。
短い時間ではありますが、時間の許す限り残る我々と語り合って頂きたく存じます。
では新しい人生の出発を記念して、○○さんからご挨拶をいただきます。

soubecom at 21:44 この記事をクリップ!
送別会の挨拶 

送別会講座

送別会の段取り>大まかな流れをご紹介

送別会の一般的な流れと段取りについて紹介しましょう。

まず第一に重要な事、それは『幹事選び』です。
ここで送別会が成功というか送られる方が満足するかどうかが決まりと言っても過言ではないでしょう。
しかし、段取りを知って、何とかこなせば上手くいくのも送別会です。

会社関係の場合などは、庶務や総務といった部署の人が担当するとか、所属している部署の持ち回り、鶴の一声、または宴会部長などの場合が多いようです。
有志で行なう場合は、送別会をやろうと言い出した人が幹事もするようですね。

では送別会の幹事になってからの段取りを紹介していきましょう。

1.送別会の日時、予算を決め、出席する人数を把握これに関しては文書を掲示や配って締め切り期日を決め、人数を把握しよう。

2.送別会をどこで行なうのか、お店選びは重要です。
ある程度参加人数を予想して、予算と相談して決めるが、飲む方メインか食べる方メインか、はたまたカラオケは必要かなどの要素を加味して決めよう。
どうしても見つからない時の奥の手は、前回と同じ店を紹介した貰ってもいいよね。

3.送別会の進行を考える。
最初に本人の挨拶を入れておけば、途中退席者がいても挨拶は出来ているからOK。

4.送別会当日は、幹事として走り回ろう。
お店との折衝もお忘れなく。

5.時間が来たらお開きにして、送別会は終了。

以上が、送別会の段取りですが、殆どの場合大まかな段取りは同じです。
あとは、記念品のプレゼントなどを用意するなども幹事の仕事に入ります。

二次会がある場合ですが、そこからは有志による単なる飲み会と一緒ですから幹事から解放されて、飲みましょう。

最後に、お店に予算を決めて用意してもらう場合は、過不足は出ませんが、不足のないように、また、集めた会費が余ったら、きちんと人数割りで返しましょう。
つまり、収支報告も考えて置くように。

送別会講座

送別会の案内文書>送別会案内例

送別会というのは仲間内で気軽に行なう会とは別に仕事や会社関係などで行なう場合は送別会の案内を文書で作成して知らせます。

以下に転勤による会社内の部署などでの案内と会社内外を通じての送別会の案内の例文を掲載いたします。
------------------------------------
例1
  ○○氏送別会のお知らせ  

有志代表 送別 太郎 
この度、営業2課○○氏が、○○支社へ転勤されることになりました。
つきましては、○○氏に感謝と送別の意と、氏の前途を祝福するため、下記のとおり送別会を開きます。
 
     記

日 時 3月26日(月曜日)午後6時より
場 所 ○○○亭
会 費 1人3000円
その他 参加ご希望の方は3月15日までに営業2課送別までお願いいたします。

---------------------------------------------
例2
  送別会の御案内

拝啓

時下ますます御清栄のこととお喜び申し上げます。

さて、当○○の○○○○氏は、この度一身上の御都合により、○月○日付にて退職されることになりました。

○○○○氏には、長年にわたり当社○○の発展のため御尽力を頂きました。

つきましては、同氏の多大の御功績に感謝致すとともに、今後一層の御活躍を祈念致し、下記の要領にて送別会を催したいと存じます。

公私御多忙のところ、誠に恐縮でございますが、万障お繰り合わせの上御出席下さいますようお願い申し上げます。

敬具

       記

日時 3月26日月曜日 18時00分〜20時00分

場所 送別会館 電話123−456

会費 5000円

なお、準備の都合上ではございますが、3月15日までに同封のはがきにて○○まで御出欠をお知らせ下さいますようお願い申し上げます。
なお会費には、記念品代も含まれておりますので、御了承下さい。

連絡先 ○○社○○課○○ 

電話 345−234

担当  ○○課○○

以上
--------------------------------



上記は例文ですので、要綱などが合致するようにご自分でアレンジする事をおススメします。


送別会の挨拶>退職(定年退職)の本人の挨拶例

送別会の挨拶ということで、退職(定年退職)の際の本人の送別会での挨拶の例文を紹介いたします。

まず送別会での本人の挨拶は次のような順序で行ないます。

1.まず、送別会を開いてくれた事へのお礼。
例文:本日は私○○のためにこのような送別会を開いていただきありがとうございます。

2.次に自分が何月何日で定職した(する)ことを伝えます。
例文:この度、○月○日をもちまして、○○社を退職いたしました(いたします)。

3.在職した年数とその間にあった心に残っている事などを話します。
例文:顧みますと○○年の長きにわたりお世話になってきました〜〜心に残っている事などの話〜〜

4.退職に際しての在職中にお世話になった事へのお礼。
例文:公私共に絶大なるご指導とご鞭撻により大過なくすごす事ができましたことは忘れられない思い出です、ありがとうございました。

5.退職後の事を言える範囲で簡単に話します。
例文:退職後は〜言える範囲で簡潔に〜

6.送別会開催へのお礼をもう一度して挨拶を終わります。
例文:最後に、このような会を開いていただいた事のお礼と挨拶に代えさせていただきます。

退職また定年退職の場合も基本的に送別会での挨拶はそう変わりません。
上記はかなり堅い言い回しですので、仲間内での送別会の場合は、もっと簡単な言い回しの挨拶でもかまいません。

上司なども出席されているような送別会の場合は、上記のような言い方を基本として自分なりの内容を盛り込んだ挨拶を行ないましょう。

また、転勤などの場合も基本的には同じような順序で内容を言い換えればよいでしょう。





soubecom at 05:11 この記事をクリップ!
送別会の挨拶